2016年度 新入生の皆さんへ

2016年度情報科学部新入生へのメッセージ
「情報科学は面白い」

情報科学部長・仲 隆

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 情報科学部は、2002年4月に本学8番目の学部として開設されました。2006年度から卒業生を社会に送り出しています。新入生の皆さんは第15期生になります。

 情報科学科では、社会の仕組みや人間の特質を知って情報技術を適切に活用できる人材を育成します。このため将来の仕事像をイメージできる履修モデルを掲げて教育を行い、学生生活と就職活動を支援します。これを実現するために次の学習環境を用意しています。

  1. 基礎科目では講義・演習・実験を組にして指導します。学習支援室を設けて、数学・計算機・プログラミングなどの基礎科目の復習や予習を支援します。
  2. 修学上の問題や生活上の問題について、学部の教員が皆さんの個人的な相談相手として助言するクラス担任制度を設けています(新入生のクラス担任は導入ゼミナールの担当教員です)。
  3. 情報科学部棟の全教室に情報コンセントを設けて学生ごとに専用のノートPC(貸与ノートPC)がいつでも活用できます。
  4. 講義記録システムにより情報科学部棟で行われる講義を収録して復習や予習に利用できます。

 さて、最近、Googleの人工知能「AlphaGo」が世界最強の囲碁棋士を負かしたことが大きなニュースになりました。将棋対戦プログラムもその学習アルゴリズムにより、プログラムを書いた人間の能力を超えてプロ棋士と同じぐらい強くなってしまいました。人工知能は今は情報科学者という人類が造っていますが、近い将来人工知能が人工知能を造るようになると言われています。その時点をシンギュラリティー、日本語では技術的特異点と呼ぶそうです。人類が機械に置いてきぼりにされるターミネータの世界の到来ですね。シンギュラリティーは2045年と予測されています。新入生のみなさんは情報科学を学んだ関係者としてその場に立会うことになるでしょう。ちょっと怖いけどエキサイティングですね。
 4年後に皆さんが情報技術者として社会に巣立っていくことを期待します。


2015年度情報科学部新入生へのメッセージ
2014年度情報科学部新入生へのメッセージ
2013年度情報科学部新入生へのメッセージ
2012年度情報科学部新入生へのメッセージ
2011年度情報科学部新入生へのメッセージ
2010年度情報科学部新入生へのメッセージ
2009年度情報科学部新入生へのメッセージ
2008年度情報科学部新入生へのメッセージ
2007年度情報科学部新入生へのメッセージ
2006年度情報科学部新入生へのメッセージ
2005年度情報科学部新入生へのメッセージ
2004年度情報科学部新入生へのメッセージ
2003年度情報科学部新入生へのメッセージ
2002年度情報科学部新入生へのメッセージ