情報科学科(情報技術応用コース・情報科学総合コース)の紹介

情報科学部情報科学科の教育研究理念は「社会と人間のためのIT」です。情報科学科では、「情報科学・情報技術の基礎を確実に身につけ、高い倫理観をもった職業人として社会に貢献する人材の育成」と「社会の仕組みや人間の特徴を知って情報技術を適切に適用できる能力をもった人材の育成」という二大教育目標を掲げ、情報科学・情報技術の教育を行い、これからの情報社会を支える人材、特に、情報に対する倫理観や責任感を持ってこれからの情報技術の発展に貢献で きる技術者、具体的には、情報システム開発、情報システム管理、組込みシステム、ネットワークシステム、情報メディア・CG・コンテンツ開発等の各分野で活躍できる情報技術者を育成します。
 これらの目標を達成するために、情報科学部では次のような職業選択をイメージできる履修モデルを掲げ、情報科学・情報技術の教育を行います。

 

    • システム開発ができるエンジニアを目指す履修モデル
    • 組込みシステムエンジニアを目指す履修モデル
    • ネットワークエンジニアを目指す履修モデル
    • Web、CGデザインなどコンテンツ分野で活躍できるエンジニアを目指す履修モデル
    • 情報システム運用管理者を目指す履修モデル
    • 教員や情報科学研究者を目指す履修モデル

modelcourses.png

 情報科学部では、情報技術者にとって必須である科目を必修科目として厳選し、基礎学力を深く身に付けることに重点をおいたカリキュラム編成にしています。学生は、1年次にコース共通として情報科学・情報技術の入門を学んだうえで、2年次から情報技術応用コースと情報科学総合コースに分かれて学び ます。

情報技術応用コース

 学生が上記の履修モデルの中から興味・適性のある情報技術および適用分野をいくつか選択し、それらの専門的知識を身につけ、実問題へ応用する方法を学ぶコース。このコースでは、上記の履修モデルのいくつかを深く学び、情報技術を適切に応用することによって社会に貢献できる人材、具体的には、ネット ワーク、情報セキュリティなどの基礎技術に加え、流通、交通、金融、医療、福祉などの諸分野を支える情報システムの設計・開発、運用管理が行える人材を育成します。また、人間の能力を援助し強める情報技術を学び、快適なヒューマンインタフェース環境を構築するための知能情報処理やメディア処理能力を備え、 人にやさしく、使いやすい情報システムの設計・開発が行える人材を育成します。

情報科学総合コース(詳しい説明

  情報科学・情報技術を基礎から総合的に学んだ上で、上記の履修モデルの中から興味・適性のある情報技術および適用分野を選択するコース。このコースでは、情報科学・情報技術の基礎をしっかりと身につけ、ソフトウェア開発やハードウェア開発、情報システムの設計・開発等にかかわる様々な分野で活躍できる技術者を育成します。このため、情報科学・情報技術の基礎を総合的に学び、情報科学の広い分野に関して必要とされる知識・技能の修得を保証します。情報科学部では、平成15年度入学生から情報科学総合コースを設けています。このコースは平成19年5月に日本技術者教育認定機構(JABEE)によって「情報 及び情報関連分野」の技術者教育プログラムとして認定されました。