学科・コース

学科とコース(学科・コース分け・研究室分けの流れ

社会情報システムコース/社会情報システム学科(各研究室の研究内容

 社会を十分に理解し,私たちの生活に本当に必要な情報システムの設計・開発が行える人材の育成をめざします.
 社会情報システム学科では,情報技術に依存する社会の発展と安定をめざし,“人間の生活には何が必要で,どのような技術開発が望まれるか”という発想に立った研究を行います.そのためには,高度な情報技術はもちろん,社会を構成するさまざまな要素を十分に理解することが大切です.社会をよく知ることこ そ,有用な情報システムを構築する必須の条件といえます.本学科ではこの認識に基づき,社会の安定と発展のために,情報技術を適切に適用することによって 社会に貢献できる人材の育成をめざします.具体的には,情報システム,インターネット,情報セキュリティ,金融システム,流通システム,ソフトウェア工学などの分野になりますが,社会情報システム学科では,そうした分野の中で応用システムの設計・開発,ソリューション,運用管理が行える人材を育成します.

知能情報コース/知能情報学科(各研究室の研究内容

 人間の能力を援助し,快適なヒューマンインタフェース環境を構築できる人材の育成をめざします.
 これからの社会を快適にするには,人間がコンピュータの都合に合わせるのではなく,コンピュータを人間の都合に合わせる環境を構築することが必要です. 知能情報学科では,人にやさしく,使いやすい情報システムの設計・開発をめざします.そのため,「人工知能」,「音声・画像/処理・理解」,「自然言語処 理」,「生物情報論」などのほか,コンピュータの高速化を実現する「組み込み/VLSI(超大規模集積回路)工学」,「並列アルゴリズム」,「デジタル信 号処理」などを学びます.このような学習を通して,本学科では,人間の能力を援助し強める情報技術,人間と計算機の境界をより快適にするための知能情報処 理やメディア処理能力を備えた技術者の育成をめざします.

情報科学総合コース/社会情報システム学科・知能情報学科(詳しい説明

 情報科学部では,社会情報システム学科と知能情報学科の中に「情報科学総合コース」を設けています.このコースが2006年度の日本技術者教育認定機構 (JABEE: Japan Accreditation Board for Engineering Education)による審査に合格し,「情報および情報関連分野」の技術者教育プログラムとして認定されました. 「情報科学総合コース」では,学科にかかわらず情報科学・情報技術の基礎をしっかりと身につけ,ソフトウェア開発やハードウェア開発,情報システムの設計・開発等にかかわる様々な分野で活躍できる技術者を育成します.一定の条件を満たしていれば「情報科学総合コース」に進むことができます.